抜け出せないニキビ・毛穴地獄

私は小学生高学年の頃からずっと肌荒れに悩んでいました。最初は鼻の横にちいさいブツブツができるだけでした。それまで一切ニキビなどができたことがなかったので、さほど気にせずに生活していましたが、なかなか治らずにだんだん悩むようになりました。

ハクアージュ

そして徐々に「クラスの子たちはみんな肌が綺麗なのにどうして私だけ…」と真剣に悩むようになり、私はそのニキビを潰し始めてしまったのです。今思うと絶対やめたほうがいいことですが、その当時はつぶせば治ると思っていました。ある意味正解で、つぶせば一時的に治るのですが、その当時お肌のケアをしていなかった私は鼻の毛穴がどんどん開いて行きました。

中学、高校になるにつれてニキビの数も増えていき、藁にもすがる思いで毎日ニキビをつぶし、自分の肌に自信がなかったため四六時中肌をさわり、隠す癖がついてしまいました。毛穴が開くと角栓も詰まりやすくなるしニキビもできやすくなるのでそれを改善しようと小鼻のパックを試したり角栓を無理やりひねり出したり…などどんどん毛穴を広げるようなことを試していきました。

現在ニキビに悩まされることはなくなったのですが、一回開いた毛穴は簡単には閉じないのでいまの私の顔の毛穴の状態は最悪です。

メイクをして隠すことはできても、時間がたつとファンデーションが毛穴に入り込んでしまい悲惨なことになってしまいます。毛穴の角栓を押し出すこと、ニキビを潰したことをすごく後悔しています。何かいい解決方法はないかな…と毎日探しています。