初夏の旬タケノコには効能が多いに期待できる

新緑の頃になると、山歩きが楽しくなります。

精神の休養になり、身体もリフレッシュできます。

適度に歩いた後は、お腹が空き美味しいものを食べたくなります。

この時期なら、(タケノコ)が旬だそうです。

春が旬なのかと思いましたが、調べてみると出荷は産地により違います。

タケノコの出荷と旬は驚いたのですが、早い出荷で南九州では11月からあります。

北関東育ちの私には、想像できませんでした。

しかし、多くは春から初夏にかけて旬を迎えます。

孟宋竹や淡竹と真竹に根曲がり竹などが該当するようです。

一般的に孟宗竹がタケノコとして流通しているようです。

5月には、4品種が出荷される時期であり、5月の旬と言えます。

産地には、暖かい九州が上位です。

1位福岡県さらに2位鹿児島県、そして3位熊本県と言う順です。

特に1位がそれ以下と比べて桁違いに多いです。

効能に関しては数種類のアミノ酸を含み、疲労回復や脂肪を溜めない、ストレス軽減と言ったことを期待できます。

さらに豊富なカリウムで高血圧予防・改善し、むくみを取ります。

また豊富な植物繊維で便秘や大腸がんを予防します。

ですが注意点もあります。

それが食べ過ぎはアレルギー症状になる可能性があります。

ビタミン類のA・B群なども多種類含み、含むタンパク質と共に、美肌やダイエットに効果があると思います。

美味しく、効能もあるので初夏のハイキング後などで、食べたいと思います。