スマホ「習慣化アプリ」の仲間と励ましあって10kg減

ずっと前から気にはなっていたメタボ体型。グラマラスパッツの効果

3月に、勤務先から特定保健指導への召集令状(赤紙)をくらってしまい、保健師の先生からこってりとお説教をもらうことに。そこで誓約させられたことが「食事記録をきちんとつけること」と「毎日体重を計ること」。

そんなこと言われたって、大事なこととはわかるけれど、今まで何遍も挫折してるしな?。ということで、何か良い手立てがないかと考えていたところ、スマホアプリの「習慣化アプリ」なるものを発見(みんチャレ)。

体重記録、家事・仕事、勉強など、「やらなきゃいけないけど続かない」テーマについて、アプリ上で個人情報を一切見知らぬ5人が仮想チームを作り、お互い励ましあいながらSNSとして日々記録を公開。目標の継続を促して行こうというコンテンツになってます。たまたま登録した日にアプリ側から紹介された「月曜断食チーム」に加入。

それから約100日経ちましたが、期初体重に比べて10kg減量に成功。3ヶ月後の特定保健指導フォローアップミーティングでは、あれだけ怖かった保健師さんからお褒めの言葉を頂きました!!

月曜断食チームに加わった時点では、そもそも「月曜断食」という本が出ていたことすら知りませんでしたが、たまたまチームのメンターさんがすごい良い方だったので、いろいろお聞きしながら「月曜断食」やその他ファスティングに関する関連書籍を2?3冊読み、その内容にそって週に1日程度不食日を設けるか、あるいは1日3食という今まで当然と思われていた習慣を見直す(今は1日1食にしています)ことで、体重は面白いようにスルスルと落ちていきました。

何しろアプリ内で誰とチームを組むか、ということはこちらから選べるわけではなく(そもそもチームメイトが誰か、も全く知りませんし)、多分当たり外れもあるんだろうなぁ、とは思いますが、私の場合にはとても幸運なことに他の4名の方がとても真面目で真剣なダイエッターの方たちだったので、触発されてすごく良い結果につながりました。一応このチーム制は90日3ヶ月間を1クールとしているようですが、もう少し続けてみようかと思っています。